競技紹介:カヌースプリントとは
私たち体育会カヌー部が取り組んでいるカヌー競技 ”カヌースプリント” は、            
カヌーに乗り静水上でタイムを競う水上競技です。

カヌースプリントには、”カヤック””カナディアン”の二つの種目があります。

関学カヌー部では両方に取り組んでいます。
カヤックとは、体育座りの状態で船のコックピットに座り、両端にブレード(水掻き)のついたパドルで漕いでいくものです。
カナディアンとは、片膝をついた状態でコックピットに座り、片端にブレードのついたパドルで漕いでいくものです。



ちなみに、カヌーはよくボートと混同されますが、ボートは漕ぎ手の後ろの方向に進むのに対し、
カヌーは漕ぎ手の向いている方向に進むという点で大きく異なります。



カヌーには、1人乗り(シングル)・2人乗り(ペア)・4人乗り(フォア)があります。

通常、試合においてプレーヤーはシングル・ペアの競技に出場します。

それに加え、部内で選抜されたメンバーがフォア競技に出場します。

競技の距離は基本的に500m1000mです。                  

試合は、芦屋レガッタ・大阪学生・関学選・インカレ・日本カヌースプリント選手権大会(全日)・海外派遣選考会などがあります。


新入生はジュニアと呼ばれ、1回生の夏まではジュニアだけのレースに出場します。

他校の選手においても大学から始める人が多くおり、各大学で上位を狙うことが十分可能です。

部員は全員がレギュラーです。また国体に出場する可能性も大いにあります。


つまりカヌーは、大学から始めてもトップクラスの選手になることが十分可能な数少ないスポーツなのです